これで売れる!フリマの成功の秘訣とは

>

お客さんとの会話を楽しもう

会話を楽しもう

フリマの常連さんであれば、値引き交渉を行ってくる場合が多いです。
値引きしてもいいかな、と思うものであればあまり渋らずに値引きしてしまった方が良いです。
そのときのポイントは、ぶっきらぼうになったり不貞腐れたりしないことです。
感じよく、あくまでも会話を楽しむようなつもりで値引き交渉をしましょう。

また、どうしても値引きしたくない、という品物も中にはあるかもしれません。
その場合はきっぱりと断りましょう。
ただし、本当に良いものであればその値段で買ってくれることもありますが、その可能性はあまり高くはないので、値下げしてしまった方が売れるかもしれません。

また、品物を手に取ってくれている人たちがいるなら、ぜひ自分から声をかけてみましょう。
会話がはずめば、買ってくれる可能性も高くなります。

注意しておきたいあれこれ

お客さんとスムーズに交渉したり、販売を行うために気を付けておきたいことがいくつかあるので、最後にご紹介していきます。

値下げ交渉のお話をしましたが、そもそもどの程度の値段をつけるべきか迷ってしまう方は多いかと思います。
フリマに出品する前に、まずは値段の相場を調べておきましょう。
だいたい定価の10分の1くらいが相場であると言われていますが、その時々によって変わることもあるのできちんと調べることをおすすめします。
相場の値段であれば、お客さんも値下げ交渉をしやすくなります。

また、服を商品として出す場合は、自分自身の服装も少しおしゃれなものにすると良いかもしれません。
自分がフリマで服を購入する側になったと考えた時に、やっぱりおしゃれな店子さんがいる方で購入したいですよね。
ほんの少しでもいいので、身だしなみにも気をつけてみましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る